1カラットのダイヤモンドリング、鑑定書を新しく作成して娘に残したい。生前整理の1つです。

皆さん、おはようございます。

 

今日は生前整理の1つをご紹介します。

 

30年以上も昔にご主人から1カラットのダイヤモンドを頂いたようです(かなり高価だったことでしょうね!ダイヤモンドも高品質です)。そのダイヤモンドを娘に譲りたい。でもどのくらいの品質を持ったダイヤモンドなのか?そもそも本物のダイヤモンドなのか?ちゃんとした形で遺したい。

 

ということで、今回お預かりして「ダイヤモンドの鑑定書作成」をすることになりました。そして指輪の部分、つまり地金の部分はこのままのデザインだと娘さんが着けないということで、その部分は買取をさせて頂きました。

 

 

ダイヤモンドを立爪リングから外しました。ダイヤモンドは鑑定書を作成します。プラチナの地金部分は買取をさせて頂きました。

 

 

1カラットの刻印が入っています。どの程度のダイヤモンドなのかを鑑定し、その証書を作成してお渡します。

 

 

・高価なジュエリーを遺したい。

・どの程度の品質なのか知って遺したい。

・たくさんあるジュエリーを整理したい。

・残された遺族がもめないように生前整理したい。

・残されたジュエリー、遺品を整理したい。

 

 

 

そのような方は、宝石鑑定士の資格を持つ私にご相談くださいね。きちんとアドバイスさせて頂きます!