貴方も「富と権力の象徴」としてダイヤモンドを!・・・??

最近よく売れているアイテムに使うダイヤモンドの検品。

実は、男性用のタイピン造りに使います。

 

男性もダイヤモンドをこよなく愛す時代がやってきました☆

 

大きめのダイヤモンド

 

 

0.5カラットですから、それなりに存在感ある大きさです!

 

 

ダイヤモンド

 

1つ1つ検品をして、私好みの輝きをしているかのチェックをします。

 

いくらグレードが出ていても、内包物の位置、カットの仕方、蛍光性などを確認して、肉眼で見て綺麗なダイヤモンドのみしか扱いません。

 

 

 

しかしですね。。。

 

 

 

もともとダイヤモンドは、いや、ジュエリーは

 

 

男性が富と権力の象徴として身につけていた!

 

 

のは、ご存知ですか?

 

今では女性を艶やかに、華やかに装飾するアイテムとしてがメインとなっていますが、昔は、男性の富と権力の象徴として、男性がこよなく愛して装飾していたのです。

 

そんな男性達が、富と権力の象徴であるジュエリー、ダイヤモンドを、

こよなく愛した女性にだけ贈ったのでしょう。

 

ジュエリーとは、ダイヤモンドとは、単なる装飾品とか宝石とかではなく、そういった権力や威厳、文化価値もあるのですね。

 

 

 

さあ、今日も、

 

 

「平成の時代に生きる男性達を素敵にする」

 

 

ジュエリーを造ります!